読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AbemaTVでDeNA記者会見を見たあと、定点放送の渋谷駅と人の流れと車の流れとマリオカートを見て思っていたこと

f:id:honobonousagi:20170313230545j:plain

AbemaTVで放送されていたDeNA記者会見を見たあと、定点放送の渋谷駅と人の流れと車の流れとマリオカートを見ていました。

 

DeNAの話、けっきょく何が問題なのでしょうか。

たぶんだれかがカンタンにまとめてくれると思いますので、待っておきますね☆

 

ここはただの雑談話、しょうもないことしか書いていませんので有益な情報はありませんのであしからず(*ノω・*)

 

 

AbemaTVの定点放送が面白い

 

AbemaTVの定点放送面白いですね。カメラ固定で、渋谷駅前のスクランブル交差点がちょっと上の角度から映されていました。生放送です・・・よね?たぶん。

 

歩行者信号が青に変わったら人がスクランブル交差点を渡っていく様子、車の信号が青に変わったら流れていく車や自転車の様子。

スクランブル交差点で待つ人も、前に出過ぎの人、フライング気味な人、変な格好の人、赤信号なのに渡ってしまうキケンな人もいたり。道路を走る自転車の人もすごいですね。

 

そしてなぜかマリオカートが6,7台が走っていました。3,4回は見かけたのでコースを回っているんでしょうか。一般車に混じっての走行・・・あれはコワイです。車高低すぎ。

 

そんななんでもない様子なのですが、なぜか目が離せない。人の流れを見ていると面白いですね。

 

 

AbemaTVのDeNA 記者会見をちょっと見ました

 

AbemaTVのDeNA 記者会見の終わり10分ほどを少しだけ見ました。南場智子さんが質疑応答に答えている姿。

あれ?南場さん!?わたしの記憶ではCEOは辞めて現場からは引退したはず・・・と思っていたら、まだ取締役会長をされていたんですね。

南場智子さんはとても好きな人で、尊敬していて憧れの方。たぶん何かの本か、ネット上の記事を読んで感動したことがあります。

たぶん、これかな。

 

不格好経営―チームDeNAの挑戦
 

 せっかくの機会なのでもう一度読み直そうかな。

 

 

株式会社DeNAのDNAが好きだった

 

わたしは「株式会社ディー・エヌ・エーDeNA)」という会社が好きです。でもそれは、南場さんの本を読んだからではありません。

ネットショップで働いていた頃、DeNAビッダーズ最前線だった時代にお世話になったときにふれた考え方や発想が好きでした。

だから、昨年末のWelqに発するキュレーションサイトの件はショックでした。今回の記者会見の様子も見たくないくらい。

 

南場さんは、なんだかずっと人に恵まれていない感じがします。もう心情を思うといろいろとツラすぎるよ。

 

 

南場さんに笑顔が戻りますように

 

DeNAの立ち上げ時の失敗は数知れず。それでも何度も苦難に立ち向かい続け、今のような大きな会社になったわけで。こんなに苦労話が多い会社はあまり見ないのではないでしょうか。

そして、ここまで育ててきた会社、自分の子どもみたいな会社を内部から食い破ろうとする人たち。

悪気はなかったのかもしれませんが、悪いことは悪いこと。大きな会社になるといろんな人が入ってくるからいい面も悪い面も出てきますね。しかも最近は、チームより自分の利益しか考えない人も増えている感じですし。

2016年12月には夫を無くし、その後、WELQ問題が勃発。失意の中かもしれないところを、もうなんて言えばいいか。

 

南場さんの笑顔が好きです。だから、早く笑顔が戻りますように。

 

 

 

許しあえる世の中になりますように

 

悪いことをしたからと、あの会社は悪い会社だというレッテルを張るのは間違い。誰だって過ちを犯したのであれば、反省して、違う事で還元できることはあるはず。

許せないことを許せないと言ってもいいけど、その後の対応をみて許してほしい。

人も会社も同じ。会社は人の集まりだから。

 

そうでなければ、その人も何か間違いを犯した時に許されなくなりますよ。人に対してしたことは、必ずあとから返ってきます。だから許せる時に許してほしい。

 

お互いに許し合える世の中に、いいバランスでなってくれればいいのにね。